2018年11月22日の記事

もうすぐ12月。各クラスからクリスマスソングが聞こえてきます。壁面にも、かわいらしいサンタさんや、ツリーが並ぶようになりました。まだ1か月先ですが、子ども達がウキウキする日ですよね♪
上の2枚はゆりさん、次の写真はたんぽぽさん。すみれさんは、紙皿の上にちょこんと乗ったサンタさんや、トナカイが可愛らしいですね!

今日は、とっても可愛いお客さんが遊びに来てくれました。夏まで勤めて下さっていたまさみ先生が、赤ちゃんと一緒にみんなに会いに来てくれたんです!大きなお腹のまさみ先生に、『元気な赤ちゃん産んでね!』とみんなでエールを送ってからしばらく経っているので、最初は子ども達も少し緊張したような表情をしていましたが、赤ちゃんのお名前を聞いたり、ほっぺを触ろうと手を伸ばしたり、とっても優しい顔で赤ちゃんを見つめる子ども達でした♡

ホールで元気いっぱいに走り回って遊ぶひよこさん。転倒防止のためかな、靴下がホールの端にまとまっている様子がなんだか可愛らしかったです(笑)これから寒さが厳しくなると、小さいクラスのお友達にとっては外で思い切り遊ぶ機会が減ってしまいがち…でも、これだけ広い場所があれば、力いっぱい体を動かして遊べますね!

2月の発表会に向けて、少しずつ取り組みが始まっています。楽器あそびをしたり、劇遊びをしたり。配役を決めて練習する前には、こうやってみんなでお話に親しめるよう音楽を流したり、実際にみんなで劇をやってみたりします。好きな役をみんなで演じる事で表現する楽しさを感じられます。踊ることが好きな子、苦手な子と様々でしょうが、こうした時間を楽しむことによって、練習への意欲も高まり、大きなステージの上でも堂々と演じられるようになっていくと思います!

こんな可愛らしい姿もありますよ!
活動の合間、絵本を読んでいると...自分で好きな本をじっくり見たり、先生に読んでもらったり、いろんな姿がありますが、お友達の方に絵本を向けて、まるで小さな先生のよう。読んであげているのかな♪

ゆり組さんが取り組んでいる箸作りが、先日終了しました!
やすりで削る作業を繰り返し、箸の形が出来あがると、最後は水で濡らした布巾で箸を拭き、最後の仕上げ。最初に手にした木とは比べ物にならないくらいツルツルに磨かれた箸を手に、子ども達も早く使いたそう!

仕上がった箸は、作品展で展示して皆さんにも見ていただく予定です。曲がってみえたり、太さが左右で違ったり…決して整った“綺麗”な箸ではないかもしれませんが、1膳1膳見ていただくと、子ども達が一生懸命つくったステキな箸という事は伝わってくると思いますよ♪
作品展で展示した後に、給食で使用したいなぁと考えておりますので、家庭への持ち帰りはもうしばらくお待ちくださいね!そして、ゆり組のご家庭は、是非この機会に、箸で食べる練習をしてみて下さいね!

関連記事一覧

  • PAGE TOP