1年間ありがとうございました!

今年度最後の体操教室を、体育館で行いました。
この1年間も、ゴロゴロ先生と一緒にたくさん遊んで、楽しい時間を過ごしました!

10月から体操教室が始まったすみれさん、ひよこさんも、ゴロゴロ先生の事が大好きになりました!お話を聞く時は、こんなにしっかり座って聞けるようになりましたよ!

今日は、サーキットを始める前にボール遊び。投げたり、蹴ったりして自由にボールに触れる小さいお友達から、年齢が上がるごとに、ルールのあるゲームになったり、1人ではなく、友達と一緒に楽しむ内容になっていきます。
ゆりさんの爆弾ゲームは、みんな逃げるのに必死で、“ここから出ないでね!”の三角コーンは完全無視!(笑)ゴロゴロ先生も苦笑いでした。ひまわりさんは、お友達の事も考えて、受けやすい玉にしたり、思い切り遠くへ投げたりと、力のコントロールもできるようになってきました。

サーキットでは、今年度の総まとめと、少し進級してから取り組む技にも挑戦!小さいお友達も、手を貸してもらいながら豚の丸焼きをしてみましたよ!ちょっと緊張したような表情を見せたかと思ったら、1週周ってきたときにはもう平気!天井をしっかり見上げて笑顔を見せてくれたりもしました!

たんぽぽさんも、縄跳びを取り出し、二人で電車ごっこをしたかと思ったら、実際に走り跳びの間隔で縄を回したり。もちろん跳ぶ事はできないので、回しながら思い切り走ります!でも、腕を大きく回す運動って普段なかなかやらないので、ぎこちなくなってしまう子が多いんです。走りながらだと、何となく楽しく、勢いがついて回せそうですよね!

ゆりさんには、跳び箱4段をもう軽やかに跳びこすお友達がいましたよ!しっかり足を開いてだいに乗れる子ばかりで、来年の取り組みが楽しみになりました!トランポリン運動も、しっかりバネを使う事が出来れば、これも跳び箱に向かう力になりますね!

小さいころからの積み重ねで、こんなにも様々な事ができるようになるんだな!という事を、ひまわりさんを見ながら感じました!6段を飛び越える顔や、逆上がりに向かう真剣な顔。楽しそうにステージによじ登り、飛び降りる顔。生き生きとしたみんなの表情がとても眩しかったです。

そして最後のドッジボールも白熱の試合でした!今日は4つのチームに分かれての対戦で、コートの中の人数がいつもより少なかった分、1人1人がボールに触る回数も多かったです。コート外で見ている子たちも、大きな声で声援を送ってくれました。

ひまわりさんは、最後にゴロゴロ先生にお手紙をお渡ししました。感謝の気持ちを込めて作ったお手紙。ゴロゴロ先生からは、小学校でも、たくさん運動してね!また会いましょう!という嬉しい言葉をいただきました。園生活を送る中で、毎月1回という時間でしたが、ゴロゴロ先生と過ごす中で運動機能はもちろん、考える力や、お友達を思いやる力、最後まであきらめない心など多くの事を教えていただきました。これらの事は、きっと、ひまわりさんが卒園してからもずっと生きていく力だと思います。
今年度も、たくさんの笑顔と、楽しい遊びをありがとうございました!そして、また4月からは1つ大きくなって、ゴロゴロ先生に会えることをみんなで楽しみにしていましょうね♪

関連記事一覧

  • PAGE TOP